日本オランダ徒手療法協会

Podcast

ポッドキャスト

2019.01.30

第6回『東京・板橋の鍼灸師_取り切れなかった疼痛について』


東京・板橋にお店がある鍼灸師。取り切れなかった疼痛についての質問です。東洋と西洋との違いからトークがはじまり、四肢での「痛み」に繋がる信号を脳に送る仕組みを説明。その後、はなしは脳での痛みの認知について広がっていく。切断されてないはずの手が「傷む」ケースを紹介するなど、分かりやすい例を紹介していく。

第6回『東京・板橋の鍼灸師_取り切れなかった疼痛について』

 
 
00:00 / 16:36
 
1X
 

疼痛のアプローチには、どの種類の疼痛かを推測することが大切です。それはそれぞれの疼痛へのアプローチがまったく違うから他なりません。

 

ポッドキャストデータのダウンロードはこちら

質問・感想はこちら → http://jadmt.or.jp/podcast-form/

土屋潤二 http://dmtschool.jp/lecturer/

●梅島滋
1975年生まれ。静岡市出身。不動産投資家 兼 インタビュアー。各業界の成功者のインタビューをしながら、自らの成長の糧にしている。

HARU ナレーション http://www.voiceup-coach.com/profile.html

●日本オランダ徒手療法協会


一覧へ戻る

土屋潤二の治療のヒント+(プラス)

治療家が知っておくべき「結果のでる治療方法」や「今さら聞けない理論やテクニックの意味」「本当に機能がもどる運動療法」「絶対的に違いを生むトレーニングの秘密」「効果的なパフォーマンスアップが叶うのトレーニング戦略のカギ」...など治療やトレーニングに関わる情報を毎週リスナーの皆様のご質問に直接お答えするスタイルでお届けします。

メルマガ登録はこちら!

日本オランダ徒手療法協会では、定期的なメールマガジンを配信しております。

メルマガ登録はこちら!

第1回『なぜ今、この番組をスタートさせるのか?』

 

> 【 メルマガ登録 】
  • 意図を持って治せる

…などの臨床で役に立つ情報を受け取れます