治療家も患者さんも得する運動指導のコツ | 日本オランダ徒手療法協会

blog

治療家も患者さんも得する運動指導のコツ

2020.10.12

From:長島 将太

 

@浜辺のテラスより

 

ただいま朝の6時…

 

今朝の気温は『17度』

 

随分と寒暖差が出てきましたね〜

 

 

この秋の時期になると、

私はだんだんと落ち着きがなくなってきます(笑)

 

なぜなら、

日本海に面している福岡のサーファーにとっては

メインシーズン突入だからなんです。

 

患者さんからは、

『あの寒い中、よく海に入るよね〜』って

物珍しげに聞かれますが、、、

 

寒さなんかより、

楽しさの方が勝っちゃうんですよね。

 

そして何より、

不思議と寒さにも慣れちゃいます。

 

このように、

やったことのない人(イメージ)と、

やっている人(体感/経験)の感覚のズレって

よくあると思うんですよね。

 

例えば、

運動歴のない治療家がトレーニングを教えてるとか…

 

そこで今回は、臨床でよくある

『理論と実践のギャップ』について話そうと思います。

 

患者さんとのギャップの原因

 

1週間前の話。

 

とある治療家の方がこんな悩みを抱えていました。

 

『あの患者さんが、いつも運動をやり過ぎてしまってなかなか治りが良くならない…』

 

『”痛みのない範囲”でって言ってるのに、なんで同じことを繰り返しちまうんだろう…』

 

確かに悩みますね。

 

治療家としては、

 

運動やトレーニングは必要だから自宅でもトレーニングをして欲しい!

 

でも、やり過ぎないで欲しい!

 

この気持ちすごく分かります。

どうしたら上手くいくのでしょうか?

 

ここで一度立ち止まって考えてみると…

 

患者さんは、治療家に言われたことを

『ちゃんとやっている』という事実があります。

(=治そうと行動している)

 

ただ、『やり過ぎてしまう』ことが

問題なんですよね。

 

では、なぜ患者さんがやり過ぎてしまうのか?

 

そこには、

治療家側に問題があったのです。

 

その問題とは、

無意識に使っているとある言葉だったんです。

 

指示/指導が曖昧になっていませんか?

 

『痛みのない範囲で…』

 

『痛みが無ければやっていいですよ…』

 

ヒトが行動を移すためには、

いくつかの条件があります。

 

その一つが『具体性』です。

 

痛みのない範囲で、、、

 

という指示のように

具体性のない指示では、

 

『患者さんが考えている痛みのない範囲』

 

『治療家が考えている痛みの範囲』

 

にギャップができてしまいます。

 

例えば、

『やってる最中は痛みが出なかったけど、やった後に痛かった…』

 

『やってる最中に患部は痛くなかったけど、他の関節が痛かった…』

 

『言われた運動を繰り返している内に、だんだん痛くなってきた…』

 

 

これらのように、

患者さんによっては痛みの出方はたくさんあり、

そのシーン毎に患者さんは迷っているんです。

 

患者さんへの指示や基準が曖昧なほど

コントロールするのが難しくなるんですよね。

 

だからこそ、

指示や指導は『具体的』でなければなりません。

 

 

患者さんも治療家も得する指導のコツ

 

今回の場合では、『痛みのない範囲』という設定が

抽象的になっているので、少し見直してみました。

 

見直すポイントは3つ!

 

①痛みの基準設定

 どの種類の痛み(鋭痛?鈍痛?)は避けた方がいいのか?

 他の部位に出る痛みはOKなのか?

 そもそも痛みは出てはダメなのか?

 

②頻度や強度の負荷設定 

 どのエクササイズを?

 どのくらいの回数で?

 何セット行う?

 エクササイズをやった後の身体の反応の基準は?

 

③続ける基準&中止する基準

 次のステップへの基準はどうなればOK?

 どんな状況(痛み/張り)だと中止した方がいいのか?

 

このように、

 

3つのポイントに沿って、

曖昧部分を具体的に考えてみると

患者さんはご自身でコントロールできるようになります。

 

もし、『やらない』『やり過ぎ』患者さんで

お困りの治療家の方は一度ご自身の指導を

振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

PS

先日、仕事に集中するために

封印していたサーフィンを

4年ぶりに解禁…

 

昔の自分をイメージして臨みましたが、

抵抗力の無さに見事撃沈…

 

まるで運動会のリレーで

足がもつれてコケるお父さんみたい…


この記事を書いた人

長島 将太

長島 将太

理学療法士。JADMT認定 徒手療法士。プロの選手からインカレ・インターハイ選手など数多くトップアスリートを診てきている。また、オランダ徒手療法ではチーフ講師として本物の医療を伝えるために後進の育成にも余念のない。サーフィンをこよなく愛する2児の父。