Seminar


『膝関節』術後リハビリテーションの考え方と徒手的アプローチ

日時:2017年12月17日(日)13時〜17時(12:30受付) 場所:SALON PLANET 東京ショールーム 燦坤(サンクン)日本電器ビル6F

こんな方におすすめ!

・膝関節の術後リハが上手くいかない
・可動域の拡大が上手くいかない
・痛みが取れない
・いつから運動復帰させていいのか明確な答えを持っていない
・膝関節の術後のリハビリに自信がない
・医者がいない環境で、クライアントに明確な回答を言えない
・術後の介入をどのような負荷量を持ってやることがよくわからない

セミナー概要

皆さんは、膝の術後リハをどのように進めていますか?

今まで曖昧に行ってきた術後リハの疑問をすっきりさせるチャンスです!


【こんな悩みを持っていませんか?】

● 膝関節の術後のリハビリが上手くいかない
● 可動域の拡大が上手くいかない
● 痛みが取れない
● いつから運動復帰させていいのか明確な答えを持っていない
● 膝関節の術後のリハビリに自信がない
● 医者がいない環境で、クライアントに明確な回答を言えない
● 術後の介入をどのような負荷量を持ってやることがよくわからない


実は、オランダ徒手療法の考えを持っていれば今まで勉強会なので培ってきた実技技能を捨てることなく、治療を展開することが可能です。


さらに!


今回のセミナーでは、現場ですぐに使える、効果的なアプローチ方法を紹介!


● 膝の可動域制限の要因でもある関節包に対するアプローチ
● 膝の関節モビライゼーション
● 動くために必要な神経のストレッチ

…などなど、オランダ徒手療法ならではのアプローチ方法をご紹介します。

是非この機会に参加していただき、クライアントに最高の結果と笑顔を作り出しましょう!!


【講師紹介】
土屋 潤二(Junji Tsutiya)
オランダで日本人初となる「*徒手療法士」を取得する。その後、オランダの病院やクリニック、有名サッカークラブで研修を積む。術後のリハビリテーションから、競技復帰までのアスレチックリハビリテーションの両分野で高い知識と経験、多くの実績を持つ。2008年に帰国し、帰国後は名古屋グランパスや横浜Fマリノス、相模原FC、女子フィールドホッケー日本代表などで、選手を多角的にサポート。

*徒手療法士=理学療法士の上級資格。

セミナー詳細

【タイトル】
『膝関節』術後リハビリテーションの考え方と徒手的アプローチ

【日時】12月17日(日)13時〜17時(12時30分〜受付)

【場所】SALON PLANET 東京ショールーム
〒110-0016 東京都台東区台東1-24-1 燦坤(サンクン)日本電器ビル6F

【定員】15名(※先着順となります)

【料金】
メルマガ会員:5,000円
一般:7,500円

※お支払い方法は事前の銀行振込のみとなります。
お手数ですが、申し込みから7日以内にセミナー料金をお振り込みください。

お振り込みが確認できない場合は、大変申し訳ありませんが自動的にキャンセル扱いとなります。

【内容】
・術後リハにおける基本的な病理、神経生理学の理解
・問診/評価方法
・計画的なプログラムの組み立て方
・運動療法/トレーニングにおける効果
・徒手的アプローチ方法の紹介(実技)

【持ち物】
・筆記用具
・スマホ/タブレット
(その場でネットにて調べたりするため)
・動きやすい服装

お申し込み

※お申し込み後、弊社からメールが送られてきます。メールが届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください。

info@jadmt.or.jp(担当:杉山)

氏名
電話
メールアドレス
メールアドレス(確認)
所有資格
領収書