日本オランダ徒手療法協会

blog

失敗するリハビリの方法教えます

2018.08.24

from杉山貴規 J-green堺

 

「ウォー、なんでこうなる!!」

「お前、ズルしたなー」

「来たー、ロナーウードー」

 

24人いる選手の部屋はとにかくうるさい!

 

周りで携帯ゲームをやって、普通の試合より声が出ている(笑)

 

杉山(杉)「うるさい!静かにできんのか??」

杉「こっちはケアやってるんだからな」

 

選手(選)「すんませーん」

選「静かにしまーす」

 

選「ウォー、ゴーーーール」

 

一向に静かにならない、遠征中の選手の部屋

 

選手をケアする部屋がないので、選手の部屋でケア(苦笑)

 

本当はしっかりとした環境でやることを、望んだが如何にもこうにもできないかった。

 

しかもそのせいで、自分のケアで失敗があった。

 

それは、

 

ケアしたのはいいのだが、次の日の選手の動きが悪くなってしまったという話だ。

 

ケアすると普通動きは良くなると思うのが通常かもしれない。

 

しかし、あることを怠るとパフォーマンスの低下を招いてしまうのだ。

この話って、スポーツ現場に限らず、リハビリの現場でもありがちな話だから読んでもらえると幸い。

 

普通失敗談なんて話したくないしね。

いつも通りのケア

そんなうるさい環境である選手のケアをしていたんだよね。

 

太もも裏張って、ピキッて感じになったとの話なんだ。

 

サッカーの動き自体に問題はないし、走れるし、歩いていても大丈夫とのことだったんだけど、走っている時とシュートを打つときに少し痛みが出るということだったんだ。

 

問診もがっつりやって

 

組織損傷は筋膜だって判明。しかし、損傷はそこまで強くない。

でも、内側ハムストの近位1/2に疼痛と張りがあり、炎症はない。

 

患部周辺は硬く少し癒着傾向、その支配神経領域の出どころのL2〜L5周辺も圧痛があったんだよね。

 

治療するほどのことではないんだけど、この暑い中での連戦での試合

 

今後、肉離れするかもしれないから、

 

組織の循環と滑走をよくするために筋肉周辺の組織間リリースと循環機能を向上させるための神経に対してのアプローチを行なった。

 

アプローチ後、上記動作の違和感がなくなった。

狭いところだったけど、ジャンプやランジなんかもやって、本人も安堵の状態になったんだ。

 

自分もそれで良しとしたんだ。

落ちたパフォーマンス

次の日、試合に臨むと

まー緩慢なプレーが多くて、明らかにパフォーマンスの低下を起こしていたんだよね。

 

試合後に話を聞いたら、痛みや張りもないんだけど、なんかおかしいんですよね。

 

その瞬間やってしまったと思った。

 

そのパフォーマンスの低下を引き起こしたのはおそらく、自分のせいだと気付いたんだ。

内側ハムストの動きはよくなって、怪我の予防にはつながっていたんだけど。

 

肝心のパフォーマンスのところを確認してなかったんだよね。

 

ジャンプ・ランジだけだったし。

 

なぜなら、今までは癒着のある中で内側ハムストリングスを使い続けていた。その中でのパフォーマンスをやり続けたんだよね。そうするとその運動パターンが身についていたんだよね。癒着があった中での高パフォーマンス。

 

一旦それを取り除くと、癒着がなくなるから動きは良くなるんだけど、運動のパターンが違ってくる。だから、今まで通りの動きができなくなって来ていたんだよね。

 

パフォーマンスを上げるケアの方法

この話難しい。

 

だから、自分はケアやった後に、サッカーの動きや負荷を使ったトレーニングをやって落とし込む必要があったんだよね。

 

失敗したって感じです。

 

怪我の予防にはなったが、選手が求めるパフォーマンスの質は落としてしまった。

 

申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

 

これは普通のリハビリでも似たことがある。

可動域が狭いからいろんなことして、動かせるように治療する。

 

いいこと。とてもね。

 

でも、運動のパターンが崩れるから、そこはこちらがパターンの再構築をしてあげないと力が入ららなくなったり、歩くと膝折れしたり、下手すると今まで以上に動けなくなることがある。

 

だから、治療介入した後は、その人の動きの確認をしないといけないんだよね。

 

そんなこと、とうの昔に知っていたのに。

 

今回は失敗した。

 

PS

選手自体は怪我もなく、普通に得点は決めていたんだけど。

本人は納得していなかった。

今回の案件はプロとして失敗!

 

PSS

24人部屋の汗臭さは半端ない!

でも、その中でケアをした自分に乾杯(笑)


この記事を書いた人

杉山 貴規

杉山貴規

理学療法士。【JADMT公認】オランダ徒手療法士。整形外科、訪問リハを経験。10代のスポーツ選手の施術が得意。Jリーグ相模原U-18トレーナー担当。海外も含め、年間70回以上の試合帯同もこなす一児の父。

「オランダ徒手療法」をもっと知りたい方