日本オランダ徒手療法協会

blog

バーテンダーから気付かされた大事なこと

2018.05.14

from 杉山貴規 、広尾オフィスより

 

もう2〜3年くらい前の話になるんだけど、

その当時、会社帰りに一人でバーに行くことがマイブームで。

 

そのバーはウィスキーの種類が本当に豊富で壁1面に瓶がずらりとならんでいる。

 

行くとすでにマスターの顔は赤く。話す感じもしどろもどろ。

 

面白いじゃないですか。

 

行くたんびに違うウィスキーが出てくるんですよ。

 

もちろん自分の好きなウィスキーを飲むんだけど。

 

「それ飲んだら、次はこれがいいと思うよ。」って

 

薦めてくるんだよね。

 

バーテンダー
「それ飲んだら、次はこれがいいと思うよ。」

 


「本当ですか〜?」

 

少し疑いながら飲んでみると…

 


「え、、、本当にうまいですね…」

 

バーテンダー
「でしょ(ニンマリ)」

 

 

酔っているのかなって。

 

自分は最初に飲む物が決まっている。

 

その次に飲むものは行くたんびに違う。

 

「なんで、自分が飲んだ次のウィスキーが毎回違うの。だって同じもの頼んで、これに合うウィスキーは同じはずじゃないのかって?」

 

マスターにそんな素朴な疑問を聞いたら

 

「そんなの簡単だろ。

季節や時間も違えば

お客さんの感情も全て毎回違うだろ?」

 

は、はい。

 

すっご!

そんなこと考えていたのかぁ

赤い顔して、凄いですよね

 

自分はバーテンダーじゃないですけど

施術も似たようなことが、、、

自分が施術をする時もそうなんですよね。

 

自分はバーテンダーじゃないけど笑

施術するときには

たくさんの情報を聞きますよね

・体のこと

・怪我のこと

・環境のこと

・生活のこと

・今までの怪我、病気について

・ストレスがあるかないか?

 

など聞きますよね。

 

もちろん、お客さんの表情、言動、服装や気候などなど

 

つまり、

 

怪我をして困っている人って、その症状を治してほしいっていうさらに奥に、症状を治してこうなりたいって願望があるんですよ。

 

だから、その人に合わせたオリジナルのプログラムができるんですよね。

どうですか?

一つの症状には隠された原因がたくさん。

 

この疾患はこの治療法、この症状にはこのテクニックってことは本来どうなんだろう?

 

人は性別、個体差、年齢や環境など。

 

違うところだらけ。

 

だからこそ。

意味のある問診の技術知りたくはないですか?

あのバーのマスターみたいにアッと言わせる治療ができますよ!!

赤くなりながらの治療はダメだけど笑

 

 


この記事を書いた人

杉山 貴規

杉山貴規

理学療法士。【JADMT公認】オランダ徒手療法士。整形外科、訪問リハを経験。10代のスポーツ選手の施術が得意。Jリーグ相模原U-18トレーナー担当。海外も含め、年間70回以上の試合帯同もこなす一児の父。

「オランダ徒手療法」をもっと知りたい方