日本オランダ徒手療法協会

therapy-theory

【動画】痛みの評価に自信はありますか?

2018.03.06

痛みを鑑別できていますか?

 

そう言われると、できていない方々多いのではないでしょうか?

痛みにも様々な種類が存在しますが、

これをまず押さえておくことが重要です。

 

それは、局所的な痛みと広範囲の痛み

 

この2種類の違いを抑えることがまず基本になってきます。

局所的な痛みは、神経終末一つに対して、広範囲の痛みは神経終末が多数存在して起こる放散痛、脳の誤認から起こる関連痛などが挙げられます。

 

このように、どのようなメカニズムで痛みを有しているのかを評価しなければ、原因がどこにあるのか分からないまま施樹を展開することになります。

 

この評価は施術する上で基本であり、とても重要です。

 

今回は、この2種類の分類の違いを神経生理学に基づき解説してくれています。

ぜひ、ご参照ください。

放散痛と関連痛

 

 

動画をみてくださった皆様へ 

いかがだったでしょうか?

この理論、当たり前のことのように思えたでしょうか?

たったこの一つの理論で、施術幅が大きく広がり結果出ます。

 

このほかにも、様々な理論とテクニックを私たちは持っています。

 

しかし、テクニックや理論があっても、クライアントを満足にできるでしょうか?

 

本当の結果を出すためには、体系的な軸となるものが必要です。

そのためも、もっとオランダ徒手療法のことを知っていただけたら幸いです。

クライアントのために全力で奮闘しましょう!!

「オランダ徒手療法」をもっと知りたい方