blog

【実演】神経生理で診る膝疾患(※動画あり)

2017.08.09

こんにちは!日本オランダ徒手療法協会の香取です。

皆さんは直接的に患者の身体を評価する際に、どのような目的で行っていますか?

 

「この筋肉の硬さをみたい」

「触診してアライメントを確認したい」

「この徒手テストである組織の評価をしたい」

「筋膜の癒着を確認したい」

 

・・・など、それぞれ目的を持って評価をされていると思います。

私もしっかりと評価を行ったうえで治療を提供していましたが、今では「単発」だったなと感じます。

 

何が単発かというと、確かに筋の硬結は評価できる、アライメントの不良も評価できる、徒手テストで評価もできる…と、『今』患者の身体で起こっている現象を捉えることはできていました。

 

しかし、そもそもなぜそうなったのか?」というつながりがなかったのです。

 

オランダ徒手療法では、そのような根本的な原因や、今の状態を引き起こしている要因、さらには神経的なつながりから他の組織にどんな影響(神経生理、バイオメカニクス、運動連鎖)が出ているのか?そこまで明確に理論付けて仮説を立てることができます。

 

今まで学校教育で習ってきた知識が、初めて臨床につながるのです。私が初めてオランダ徒手療法を体験した時は、「まさに求めていたものはこれだ!」と直感しました。

 

できるだけ多くの方に「つながり」をもって評価することの重要性や、「多角的」に評価することの大切さを伝えたいと思っています。

 

そこで ! 今回は、セミナーで実際に土屋 潤二 氏(代表理事)が膝の痛みを抱えているセラピストを評価をしている動画をご用意いたしました。

 

10分と少し長めの動画ですが、評価と治療を「つながり」をもって行いたいと思っている方にはとてもおすすめです!是非、最後までご覧ください。