日本オランダ徒手療法協会

technique

股関節 モビライゼーション -オランダ徒手療法-

2017.04.28

 

近年、筋や筋膜による制限も多く報告されていますが、関節自体の問題も確実に存在します。

 

特定の治療技術に固執するのではなく、多角的な視点から組織別のアプローチ方法を選択するのが「オランダ徒手療法」の強みです。

 

 

痛みや癒着などが身体に与える影響を生理学的に正しく理解できれば、モビライゼーション系のテクニックは術後や変形性関節症など、幅広い疾患において必要となるテクニックだとわかります。

 

 

 

 

 

 


この記事を書いた人

土屋 潤二

土屋 潤二

初のオランダ国家医療資格である「徒手療法士」。サッカー界に明るく、筑波大、オランダサッカー協会のインターン、サッカーの名門フェイエノールト・ロッテルダム、Jクラブの名古屋グランパスや横浜Fマリノス、SC相模原、陸上ホッケー女子日本代表、プロゴルフなどに関与。国内外のアスリートやチームをサポートし続けるスポーツサイエンティストとの顔を持つ「医療」と「体力トレーニング」との2分野での専門家。

「オランダ徒手療法」をもっと知りたい方