日本オランダ徒手療法協会

activity_report

【活動報告】ゲスト講師「第2回:現場に役立つスポーツ医科学研究会」

2012.03.25

「第2回:現場に役立つスポーツ医科学研究会」サッカー

2012-03-25

 

会場:臨床福祉専門学校 大講堂   定員:400名

主催:国際スポーツ医科学研究所


この記事を書いた人

土屋 潤二

土屋 潤二

初のオランダ国家医療資格である「徒手療法士」。サッカー界に明るく、筑波大、オランダサッカー協会のインターン、サッカーの名門フェイエノールト・ロッテルダム、Jクラブの名古屋グランパスや横浜Fマリノス、SC相模原、陸上ホッケー女子日本代表、プロゴルフなどに関与。国内外のアスリートやチームをサポートし続けるスポーツサイエンティストとの顔を持つ「医療」と「体力トレーニング」との2分野での専門家。

「オランダ徒手療法」をもっと知りたい方